« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

ハロウィンパーティ

28日は、いつも行く下着屋さんで、女装娘さんメインのハロウィンパーティが有り参加してきました。メンバーは私を含めて女性が5人、女装娘さんが6人、ランジェリスト(下着好きな男性)2人、とご主人様の14人のパーティでした。皆それぞれコスチュームに工夫してきてました。私は天使の格好をしました。魔女、ヒョウ、メイド、等なんですが、女性は下着に結構凝っているので、お互いスカート捲くったりして、「これいい~」とか「これどこで買ったの?」とか大騒ぎでした。ゲームやビンゴとかして、そのうちコスチュームのままコンビニに買い物に行きました。前回はお客さんが何人もいて、リアクションが面白かったのですが、今回は1人しかいませんでした。でもその方には大うけしました。私はお店の前でプチ露出してしまいました。それからさらにもう一軒コンビニに、行く途中でネグリジェで踊ってしまう人やら、もう、大騒ぎの一夜でした。

パーティがお開きになってから、数人でラーメンを食べに行きました。和風らーめんで、さっぱりしていながら、しっかりと、鶏がらと鰹節のだしがしっかり出ていました。さらに茹でた野菜と煮卵が入って、なかなか美味しいラーメンでした。2006_10290015 2006_10290022 2006_10290009

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木)

格好良かった~、でも

25日は、抽選で当った、海上自衛隊の観艦式の予行(本番は29日)に行って来ました。

本当は、ブログの記事に書いたように、ミニスカートで行くつもりでしたが、朝(午前3時)に起きたら前日の大荒れの天気の続きで、雨は降っているし、風も有るし、この天気にミニで出かけたら、またお腹冷やしてしまいそうなので(ゲリピーの悪夢が・・・)ご主人様にズボンで行く許可をいただきましたが、ズボンをほとんど穿かないので、この時期に良い様な物が無くて、数年前の物を引っ張り出して穿いて行きました。

6時少し前に、木更津に着き、ラジオの放送で、観艦式予行が行われるのを確認してから、駐車場に車を停めて、駅前からシャトルバスで護衛艦の停泊している桟橋に、受付と手荷物検査をしてから、護衛艦「うみぎり」に、乗艦の時、自衛隊の人が敬礼で迎えてくれてちょっと感激、8時にラッパと共に護衛艦旗(昔の海軍の旗)がマストに上がり、8時30分に出航しました。途中で横浜や横須賀からの船と合流して、相模灘へ向かいました。その間ずっと、ブリッジの上の甲板の一番前で見ていました。風は強かったけれど、気持ち良かったですよ、12時少し前に下に降りて、船の右側の観艦式を見るのに良い場所に移動、いよいよ観艦式の始まりです。甲板に隊員さんの整列した(登舷礼と言うのだそうです)護衛艦や潜水艦、それに海自の飛行機等の展示飛行があり、それから訓練展示です。

何と言っても、これが今日のメインです。まず祝砲の発射、それから私が一番良かったと思う、対潜ロケット弾の発射、潜水艦の浮沈、護衛艦の甲板からのヘリコプターの離艦、救難飛行艇の着水と離水、IRフレアーの発射、高速ミサイル艇やホーバークラフトの走行、そして、対潜哨戒機P3CからのIRフレアの発射、対潜爆雷の投下、爆発等、約1時間、日ごろ目にする事のない自衛隊の訓練展示を楽しませていただきました。

帰りは、貸してもらった毛布をひいて甲板で寝ていました。それが悪かったのか、今日は鼻水が止まりません、明後日はハロウィンパーティなのでなんとか治さなくては、と思っているのですが、まあ、熱は無いから大丈夫かな、2006_10250053 2006_10250055 2006_10250057 2006_10250064 2006_10250086

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月17日 (火)

穴あきパンスト

2006_10170007 前回、ノーパンにされた時、お腹を冷やしてしまったみたいで、しばらく、腹痛とピーピーになってしまいました。(もう良くなりましたが)、もう、この時期ですとノーパンは、きついですね、ガーターにストッキングもお尻はショーツ1枚ですし、サスペンダーパンストも同じような物で、やはりお尻冷えそうです。そこでご主人様が考えたのが、簡単に自作できる穴あきパンストです。作り方はとても簡単ですので試してみてはいかがでしょうか、まず、マチ付のパンストを用意します(マチとはパンストの股の部分に菱形や丸の遊びの部分を設けた物)そして、そのマチの部分を縫い目の内側できれいに切り取る、こうすればパンストが伝線することなく、股の部分が無防備なパンストの出来上がりです。これならお尻も冷えないし、まんまんは、ショーツ1枚だけですし、ショーツを股割れショーツや穴あきショーツにすれば、そのまま、エッチだってできてしまいます。服を着たままというのも、なにか、強姦されているみたいな感じで新鮮でした。(本当の強姦はいやですけれどもね)

服を着たままのエッチと言えば今までに、ガーターベルトにストッキング着けたままとか、パンスト直穿きで、パンスト破ってとか(この時はTバックかサイドが紐で紐を解けばパンスト脱がなくともショーツが取れる物を穿いていた事もあります)、ノーパン、ノーブラで、お出かけして、人気の無い所でとかが有りますよ。でも、どれもこれからの季節には向いていなかったので、新しい楽しみが増えそうです。

| | コメント (12) | トラックバック (5)

2006年10月14日 (土)

超熟ラプソディー

ユニ報創様から出ている「超熟ラプソディー 11月号」(15日発売1800円)という、50~70代向けの成人誌で、私のブログを記事にのせてくださいました。

この本に取り上げられると言う事は、もう、私は立派な超熟ということなんでしょうね~、確かに体形は超熟だと自分でも自覚はしているのですけれどもね、気持ちは、まだ30代のつもりなんですが、う~ん、何か複雑な気持ちです。

でも、SEXって何歳になっても、したい気持ちが有って、できるうちは、どんどんした方が良いですよね、もう、歳なんだからとか、いい歳してなんて言わないで、逆に、子造りのためでなく、お互いに楽しむSEXのできる年齢なんですから、女性の方で、最近濡れなくて性交痛が有って、SEXがいや、という方は、潤滑ぜりーを使ってみたらいかがでしょうか、

私も、がんばって、生涯現役でいられるようにしたいな~、でも、私より先に、ご主人様の方がだめになるかもしれませんね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

今日もノーパン

今日(1日)は、那須のほうの遊園地に出かけました。ゆっくりに家を出て、早めのお昼、手打ちの田舎蕎麦を食べました、太くて短いんですが(私みたい)、そば粉の良い香りがします。量も多くて多分東京のお蕎麦屋さんの2人前は有ると思います。遊園地では、何時ものように、絶叫系のはしごです。午後からですと、ほとんど待ち時間無しで乗れるので短時間でも数が乗れるんです。

一通り絶叫系に乗った後、観覧車に乗りました。少し上に行った時「後ろ向いて」と言われて後ろを向いたら、スカート捲り上げたかと思うと、写真撮られ、今度はショーツを下げられてまた写真、そのままショーツ脱がされてしまい、今日もノーパンにされてしまいました。それから、3つほどアトラクションに乗りましたが乗り降りのたびに、スカートの中見えやしないかとひやひやでした。それから、I 温泉のY旅館さんの混浴露天風呂へ行きました、でも、時間のせいか私達以外に入っている人はいませんでした。1時間ぐらいのんびりと入ってきました。冷えたお尻も暖まりました。

帰りのSAで、もっこりなすきゅ~ぴ~というマスコットを見つけて買ってしまいました。写真UPしておきます。晩御飯は何を食べようかと言う事になり、隣町の定食屋さんに行く事にしたのですが、ご主人様が「一回家に寄るね」って、家に着くとお道具箱ごそごそ、出してきたのは、調教ベルトとリモコンバイブ、ベルトにバイブを付けると「はい、足、開げて」私の中にバイブを入れるとベルトを締めました。それから、バイブのスイッチを入れました。「あっ、ん」思わず足をきゅっと閉じると、そのまま「写真撮るよ」って写真撮られました、いったんバイブのスイッチが切られて、また車に乗って定食屋さんに、ここはほとんどの席が座敷で男性のお客さんが多いんです。丁度ご飯を食べている人の目線に私のスカートの裾がくるくらいになるんですね、その脇を通って奥の席に、座って、マグロ丼をたのみました、ここのマグロはグルグルお寿司のマグロよりずっと美味しいんです。そうしたら、バイブがブーンて振動初めて、ご主人様がリモコンのスイッチ入れたんです。思わず、もじもじしたら「どうしたの?」もうっ、解っているくせに、ご飯が来るまでスイッチ入れたり切ったりしていたずらされていました。ご飯食べている間はスイッチ切っててくれたんですが、食べ終わるとまた、落ち着いてお茶も飲めません、帰るときはいつものように、私が先に立って靴を履くのですが、この時どうしてもスカートの中見えそうになるんですね、今日も、すぐ後ろの席にいた人のなかの女の人が気付いて隣の男性に、そうしたら他の3人の人も一斉に私の方を見たそうです。以前もノーパンの時に女の人に気付かれてそれを教えられた男の人が一生懸命覗こうといていた事がありました。Photo 2006_10020013

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »